変化による介護職の実態~問題解決のための実態~

多くのシーンで活躍

様々な用途に活躍する介護用エプロン

介護用エプロンは、その作業目的に応じて一般的なエプロンよりも機能性を重視して開発されたものが多いことが特徴です。介護を必要とされる方にとってかいがいしく世話をしてくれる従事者はなくてはならない人材です。人のお世話は、通常の自活した状態で行われる日常生活の隅々にまで渡るため想像以上に常に清掃、片付けといった作業があるものです。そのため、介護者の衣服が汚れることなどは日常茶飯事となります。従事者の衣服を汚さないという目的においては一般的なエプロンでも代替えは可能ですが、軽作業や家庭用の物は機能性という人の世話と物作りという面で違ってきます。介護など長時間に渡る作業を行う場合、エプロンの重さや肩ひもによって疲れ方も変わってきます。介護用エプロンの機能性はそのような部分にも着眼点を置いて作られているものが多いのです。

大量に使うなら使い捨てタイプも

介護を受ける側も食事中や体調によって衣服を汚してしまうことが頻繁である場合や、少しだけの食べこぼしなどで大掛かりに全ての着替えを行うことは介護者に気を使い、精神的にも身体的にも苦痛を伴ってしまうこととなります。介護用エプロンには介護を受ける側にも素材や丈が用途に応じて様々に用意されています。撥水効果のある素材や付け心地を考慮しています。介護を受けている方で起きられない状態にある場合など、簡単に取り外せる介護用エプロンを付けていれば必要以上の着替えを行う回数も少なくなるのです。大量に使う場合なら使い捨てタイプも便利です。胸あて式の1回程度使用の紙タイプやビニールの簡易なものや、数回使える袖を通すタイプなどがあります。

↑SITE TOP

Copyright (c) 2015変化による介護職の実態~問題解決のための実態~ All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのウェブテンプレートファクトリー